調査研究部

>>English

 調査研究部は、23名の調査研究スタッフで構成され、主に自主研究と受託研究を行っております。(お問い合せは092-721-4905)

■自主研究

 自主研究では、九州・沖縄・山口の経済社会に関する多種多様な情報を収集・整理・分析し、政策・戦略を提言しています。
 九州・沖縄・山口全域の最新の統計データや企業・産業の動きを調査分析して、景気動向や経済動向を把握しています。内閣府が毎月実施している「景気ウォッチャー調査」(街角景気)の九州地区の実施機関にもなっております。
 これらの情報は、九州経済調査月報データ九州図説九州経済九州経済白書等の定期刊行物やメールマガジンを通じて、皆様へお届けしています。
 また、九経調イブニングセミナー、BIZCOLI Talk、調査技法セミナーなどの自主開催セミナー、九経調景気報告会や九経調白書出前講座などの講演会等を開催しておりますので、是非ご参加ください。 また、皆様のニーズに応じて勉強会等への講師派遣も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

■受託研究
  受託研究では、人口減少、グローバル化、環境問題の深刻化など、昨今の地域経済情勢を踏まえ、地域振興、産業振興、経済分析など広範な分野の調査・研究 を、官公庁や各種団体などから受託しています。受託研究のエリアは、九州全域から県、市町村、開発地区のレベルまで、あらゆる範囲の調査研究に対応してお ります。もちろん、国内のみならず、韓国、中国、東南アジア、インドなどアジアを中心にグローバルな調査研究実績も豊富です。

 設立以来の伝統として、正しいデータと取材などの実態調査に基づく分析を心がけており、大学や企業など外部研究者との幅広いネットワークも生かしながら研究を実施しています。

 毎年50本越える受託研究活動の実績は、当会の強みであり、地域の課題が複雑化・高度化する時代の中で、各種の課題に応えることのできる分析・提案を行います。皆様の各種計画策定や政策立案に、是非ご活用ください。

調査研究部概念図

 

受託調査のご相談を頂いてから成果品を納めるまでの業務の流れをご案内します。

当会が得意とする調査研究テーマをご提案いたします。

九経調の受託調査実績をテーマ別、年度別に見ることができます。

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

70年のあゆみ

九州大学地域政策デザイナー養成講座

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ