アジア半導体機構

 アジア半導体機構(ASTSA)は、アジアを中心とした海外と九州の半導体関連産業を繋ぐ仲介役としての機能を担い、九州の半導体関連産業の国際ビジネスの促進を図り、もってアジアの半導体産業の一体的発展に資することを目的として、2006年に任意団体として設立されました。2001年から民間企業のイニシアティブで活動してきたMAP(半導体実装国際ワークショップ:Microelectronics Assembling and Packaging)の実績とネットワークを生かし、さらなる国際ビジネスの促進のために立ち上げたものです。

 主たる事業として、半導体実装国際ワークショップ(MAP:MicroelectronicsAssembling and Packaging)をはじめとするセミナー・展示商談会、ならびにWEBでの情報受発信、アジアの半導体関連企業のデータベースの提供、ビジネスミッションの派遣・受入などを行なっています。なお、国際的なネットワークを強固なものにするため、各国の半導体関連団体・コミュニティーとMOU(Memorandum of Understanding:戦略的な提携を示した覚書)を締結して、情報交換の促進と事業の連携を図っています。2006年10月には中国の「北京半導体行業協会(BSIA)」と韓国の「IMAPS-KOREA」と、2006年12月には「マレーシア工業開発庁(MIDA)」と、2007年10月には香港の「香港科学技術園」と2008年10月に「インド半導体協会(ISA)」と、2009年11月に「アメリカシリコンバレーMEPTEL」とMOUを締結しました。さらに2013年3月には、ホーチミン半導体協会ともMOUを締結しています。
  なお、設立にあたっては、これまでMAPを支援してきた日本貿易振興機構(ジェトロ)、東アジア経済交流推進機構、九州経済国際化推進機構、九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会、福岡県産業・科学技術振興財団、福岡県、福岡市、北九州市、福岡貿易会などからの厚い支援を得ており、これらの団体とは今後とも緊密に連携して事業を実施していきます。

■Map2014開催のお知らせ

   日 時:2014年10月20日(月)
   会 場:電気ビル共創館(福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3F)

   お申し込みはこちら  PDF

English version

 

■MAP2014最新情報
・MAP2014の最新プログラムを更新いたしました。(2014年9月16日)
・坂本幸雄氏(聯華電子(UMC)日本法人シニア・アドバイザー、ウィンコンサルタント株式会社代表取締役社長、元エルピーダ代表取締役社長)による基調講演が決定しました。(2014年9月1日)
・納見正昭氏(元東芝エレクトロニクス・ヨーロッパ社代表取締役社長・東芝デバイス㈱代表取締役社長他)による基調講演が決定しました。(2014年9月1日)
・台湾工業技術院(ITRI)の講演が決定しました。現時点では、パワーデバイス実装に関する講演を予定しています。(2014年8月)
・インド半導体産業の最新動向に関する講演が決定しました。講演者は後日、決定する予定です。(2014年8月)

アジア半導体機構概要

名称 アジア半導体機構
(ASTSA: Asia Semiconductor Trading Support Association)
会長 友景 肇(福岡大学工学部電子情報工学科教授)
副会長 高木 タッド(井上喜株式会社)
監査役 山口 大輔(ケイレックス・テクノロジー株式会社)
幹事 大学・企業・行政から22名
事務局 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館5階
(公財)九州経済調査協会 調査研究部内(アクセスマップ
電話:092-721-4907 / FAX:092-721-4904
事務局長 田代 雅彦(九州経済調査協会 調査研究部長)
E-mail:map@astsa.jp
会員数 約311名(2010年11月19日現在)
年会費 30,000円(MAP参加費に含む)

 

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ