はじめての九州経済

九州の位置図

九州経済の位置

1.日本のなかの九州:わが国の「1割経済」
 九州は日本列島の南西部に位置し、九州島と周辺の島々および琉球諸島からなり、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の8県で構成される。沖縄は九州島から離れていることもあり、九州に含めない場合もあるが、本書では沖縄を含めて九州とする。九州は、本州と関門海峡で隔てられた独立した島々で構成されているため、域内の相互依存関係が強い。また、他の地方ブロックに比べて東京経済圏からの自立度が高く、九州に山口県の一部を加えて九州・山口経済圏を形成している。

 九州の総面積は4万4,512k㎡で全国の11.8%(2020年1月)、総人口は1,426万人で全国の11.3%を占めている(2019年)。域内総生産(GDP)は50.2兆円(2016年度)で全国の9.1%を占め、電力販売量、小売業年間販売額、建築着工額などの主要経済指標も全国の1割程度である。このため、九州はわが国の「1割経済」と概括される。

 地方ブロック別にみると、人口やGDPは関東、近畿、東海の3大都市圏に次ぐ規模で、地方圏では最も規模が大きい。2016年度の九州のGDPをドル換算すると4,631億USドルで、GDPが4,679億USドルのベルギーに匹敵する経済規模を有している。

 

2.アジアのなかの九州:東アジアへのゲートウェイ
 九州は首都・東京から約1,000km離れている一方で、韓国の釜山まで約200km、ソウルまで約500km、中国の上海まで約1,000kmと、日本のなかでは東アジアの主要都市と近い距離にある。また、九州・山口の港湾にはアジアを中心に129航路の外貿コンテナ定期船が就航するなど、アジアとの交易・交流環境が充実している。

 地理的な近接性もあり、九州はアジアとの経済的なつながりが強い地域である。例えば2010~2019年の九州・山口企業の海外進出件数539件のうち、420件(77.9%)はアジアが占めており、2019年の九州・山口の輸出総額に占めるアジアの比率は61.1%で、全国より7.4ポイント高い。博多港と北九州港は、日本とアジアの物流結節点として、多くの国際コンテナが取り扱われている。また、2019年のクルーズ船の寄港回数は772回で、九州が全国の26.9%を占める。九州は成長著しい東アジアと日本を結ぶゲートウェイとして機能している。

『図説九州経済2021』「九州経済サマリー」より(最新版の詳細はこちら)
 

タイトル、掲載書籍、著者、出版社、出版年 所蔵場所、データ
「人口」
        『図説九州経済 2021』、九州経済調査協会、2020年10月
「主要産業」
        『図説九州経済 2021』、九州経済調査協会、2020年10月
「製造業」
        『図説九州経済 2021』、九州経済調査協会、2020年10月
「観光・レジャー」
        『図説九州経済 2021』、九州経済調査協会、2020年10月
「国際化」
        『図説九州経済 2021』、九州経済調査協会、2020年10月
『九州・山口企業の海外進出2020』
        九州経済調査協会、2021年6月
『経済波及効果入門 ―その活用と具体的事例について―』
        第25回イブニングセミナー、九州経済調査協会、2012年4月

 

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ