3/14、休眠預金活用事業成果報告会&交流会ソーシャルビジネス 新規事業のブレイクスルー

 九州経済調査協会とユヌス・ジャパンは、休眠預金等活用制度に基づく資金分配団体として、2021年より助成事業「ソーシャルビジネス循環モデル地域形成事業」に取り組んで参りました。
事業期間の終了を迎えるにあたり、ソーシャルビジネスのブレイクスルーポイントを振り返り、また、実際に休眠預金活用事業で奮闘されている5企業の方々にこれまでの活動の成果、今後の展望などを、発表いただくとともに、事業伴走者である一般財団法人 日本民間公益活動連携機構(JANPIA)、評価アドバイザーとも事業の振り返りを行います。
 また、本助成事業の成果の一つとして、ソーシャルビジネスを先進事例から学ぶことができるケース集を作成しました。その内容について監修者よりご説明いただきます。ソーシャルビジネス・休眠預金等活用制度に関心のある皆様のご参加をお待ちしています。
※会場にご参加いただいた方には「ソーシャルビジネスケース集」を贈呈いたします。

ご案内PDF版はこちらicon_pdf.gif

開催概要

日 時

  2024年3月14日(木 14:00~18:00(開場 13:30)

会 場

  電気ビル共創造館3階 カンファレンスA
  (福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号)

20240314-2.png

20240314-1.png
内 容
14:00-14:10 趣旨説明 九州地域ソーシャルビジネス・コンソーシアム
運営委員長 岡野 秀之
14:10-14:40 テーマトーク 「ソーシャルビジネス 新規事業のブレイクスルーポイントとは」
株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役副社長 鈴木 雅剛 氏
14:40-16:45 実行団体の成果報告 当初の事業目標と成果、
事業のブレイクスルーポイント、今後の課題と展望等
16:45-17:30 事業価値を理解し、
評価を活用する
「休眠預金×ソーシャルビジネスの可能性」
一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
プログラム・オフィサー 山中 資久 氏
「事業に評価は必要か」
評価アドバイザー/久留米大学 教授 中村 寛樹 氏
「先進事例を学びに活用する」
ケース監修者/九州大学 教授 星野 裕志 氏
17:30-18:00 交流会・名刺交換
※プログラムは都合により変更になる場合がございます。

参加費

  無料

定 員(定員になり次第締切)

  会場:70名
  Zoomオンライン配信:100名(接続方法は登録後送られてくる自動送信メールをご確認下さい)

お申し込み方法

  下記お申込みフォームにて、会場またはオンライン参加をお選びいただき、お申込みください。

お申込フォーム
締 切

  2024年3月12日(火)までにお申し込み下さい。※事前のお申し込みが必要です

主 催

   九州地域ソーシャルビジネス・コンソーシアム
  (公益財団法人九州経済調査協会、一般社団法人ユヌス・ジャパン)

後 援

  一般社団法人九州経済連合会
  九州商工会議所連合会
  九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター

お問い合わせ

  九州地域ソーシャルビジネス・コンソーシアム 事務局
  (公益財団法人九州経済調査協会、一般社団法人ユヌス・ジャパン)
  E-mail:info_ksbckerc.or.jp

備 考

  会場参加の方は、お申し込み後、参加票の発行はございません。直接会場へお越し下さい。
  オンライン参加の方は、登録後に送られてくるIDとパスコードが必要です。

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

地域政策デザインスクール

BIZCOLI

datasalad

九州地域ソーシャルビジネス・コンソーシアム事務局

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ