11/19、第2回医農科学のための特別公開講座「野菜の健康と人の健康 −明らか食品としての野菜表示で生産から販売が変わる−」のご案内【九経調後援】

開催概要

日 時

  2020年11月19日(木 10:00~12:10(間休憩10分あり)

場 所

  ※Zoomによるオンライン講座

テーマ

  「野菜の健康と人の健康 -明らか食品としての野菜表示で生産から販売が変わる-」

  ※政府の成長戦略の一環として実施されている「規制のサンドボックス制度」で認定プロジェクトとなり、
  まもなく実証研究が始まるタイムリーな案件です。
  ※規制のサンドボックス制度認定プロジェクト
  「野菜果物等の一般的な特徴を表示するPOPに関する自主マニュアルの作成に関する実証」
  https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/project/gaiyou20.pdf
  首相官邸サンドボックス制度の概要:
  https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/regulatorysandbox.html

概 説
  
今回の講義では、「医農科学」の一部を構成する、「野菜の健康」と「人の健康」がどのようにつながっているかについて解説すると同時に、野菜が持つ含有成分やその一般的な機能性の表示によって、マーケットがどのように変化していくかを展望します。
2020年10月5日に、一般財団法人日本ヘルスケア協会が、国の新技術等実証制度(「規制のサンドボックス制度」)に基づいて申請した「野菜果物等の一般的な特徴を表示するPOPに関する自主マニュアルの作成に関する実証」に関する新技術等実証試験に対して国(農水省・消費者庁)の認定が得られたため、上記に関する本格的な実証試験を行うこととなりました。今のマーケットの中でこんなこともできないのか、と改めて思われることでしょう。同実証段階においては、小売りの現場において野菜・果実の一般的な機能性(はたらき)・特徴をPOP等で表示をします。そのために「野菜で健康推進部会」がマニュアルを作成し、店舗関係者に勉強していただきます。
栽培方法にこだわり、中身のある野菜のはたらきをPOP等で表した時の消費者の反応をアンケート、聞き取り、意思表示などの方法で収集していき、実証の効果を報告するものです。この働きかけが進めば、野菜・果実を栽培する生産者の意欲向上、後継者にもつながり、より良い農産物を消費者が食べる意味をわかって購入でき、農業の発展と付加価値向上、しいては人の健康につながると確信しています。
講 師

  丹羽 真清 氏
  デザイナーフーズ株式会社 顧問
  一般財団法人日本ヘルスケア協会理事 兼 同協会「野菜で健康推進部会」部会長

参加費

  無料

定員

  先着100名

主 催

  株式会社アグリガーデンスクール&アカデミー

後 援

  一般財団法人日本ヘルスケア協会、一般社団法人日本エコ・アグリテクノロジー
  公益財団法人九州経済調査協会

お申し込み・お問い合わせ

  株式会社 アグリガーデンスクール&アカデミー
  ◆福岡朝倉事務所
  TEL:0946-23-8257、FAX:0946-23-8258(月~金)
  ◆東京事務所
  TEL:03-5213-4767、FAX:03-5213-4309(月~金)

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

地域政策デザインスクール

BIZCOLI

datasalad

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ