7/2、2020年6月の有効求人件数を発表しました

 九経調DATASALAD では、景気、産業、社会に関する政府統計に加え、API やスクレイピングによって日々収集したインターネット上のビッグデータを、地域の景気や産業の動向を分析する指標として加工、可視化しています。
 本稿では、ハローワークインターネットサービスに掲載されている求人件数を集計した「就業地別有効求人件数1」を活用し、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く2020 年6 月の雇用動向を分析しています。なお本統計の特徴は、厚生労働省公表の統計より1 カ月ほど早く傾向をつかめる即時性、また求人を出した企業の所在地ではなく、実際の求人がある就業地別の値を捉えている点にあります。
 

全国の有効求人件数:2020 年6 月は全国で前月比▲0.5%の減少

 2020 年6 月における全国の有効求人件数は952,580 件となり、前月比▲0.5%と7 カ月連続で減少しました。前年比は▲30.3%となり、比較可能な2019 年7 月以降の過去最低値となりました(図1)。
 厚生労働省が発表する有効求人倍率の推移と同様、有効求人件数は新型コロナウイルスの感染拡大により、2020 年3 月から5 月にかけて、前月比▲5%を下回る大幅な減少が続きました。6 月については、緊急事態宣言の解除によって経済活動が徐々に再開し、前月比の減少率には下げ止まりがみられました。ただし、国内海外の感染状況や経済動向など、先行き不透明感が続く中で、求人の回復には至らず、有効求人件数および前年比は過去最低を更新しました。

*ハローワークインターネットサービスより就業地別求人情報の掲載件数を毎日取得し、「就業地別有効求人件数」として掲載しています。月次値については、各月における有効求人件数の最大値としています。なお、取得する求人区分は「一般求人」「新卒・既卒求人」で、またハローワークインターネットサービスの仕様変更によりデータが取得できなかった2020 年1 月については、厚生労働省「職業安定業務統計」の有効求人数を用いて補間しました。

 

主な内容はこちら

 

スマートフォンの方はこちらをご覧ください。(※PDFビューワーが必要です)

DATASALAD(データサラダ)についてはこちらをご覧ください。

 

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

九州大学地域政策デザイナー養成講座

BIZCOLI

datasalad

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ