3/2、新型コロナウィルス感染拡大による宿泊施設への影響を発表いたしました

 DATASALADでは、景気、産業、社会に関する政府統計に加え、 APIやスクレイピングによって日々収集したインターネット上のビッグデータを、地域の景気や産業の動向を分析する指標として加工、可視化している。
 本稿では、市町村別の宿泊施設の稼働状況をリアルタイムで把握できる「日次宿泊稼働指数 」を活用し、新型コロナウィルス感染拡大による影響を分析する。

全国の宿泊稼働:指数2020年2月は全国で前年差▲19.0ptの大幅下落

 2020年2月における全国の宿泊稼働指数1は33.7となり、前年差▲19.0ptと大きく下落した。前年差の下落幅は、比較可能な2019年7月以降、最大となっている。2019年9月頃から日韓関係の悪化による影響がみられてはいたが、2020年2月の大幅な下落は、新型コロナウィルス感染拡大の影響とみられる。

 宿泊稼働指数が低下した要因は、インバウンド(外国人客の減少と、日本人客の減少の双方が考えられる。1月末から2月前半にかけては、中国の団体旅行での渡航禁止措置などの影響もあり、外国人客の減少がみられた。また、2月中旬以降は、国内のイベントや会合が中止・延期となるケースが増え、2月26日には、政府の新型コロナウィルス対策本部が、大規模なスポーツや文化イベントなどについて、2週間程度、中止か延期、規模を縮小するよう要請したことから、国内客の宿泊キャンセルの影響も出ているとみられる。

 

主な内容はこちら

 

スマートフォンの方はこちらをご覧ください。(※PDFビューワーが必要です)

DATASALAD(データサラダ)についてはこちらをご覧ください。

 

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

九州大学地域政策デザイナー養成講座

BIZCOLI

datasalad

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ