〔宮崎開催〕2/22、戦略的に創るコンパクトシティ

九州経済調査協会70周年事業

宮崎県の未来を考えるシンポジウム

 

戦略的に創るコンパクトシティ

 多くの中山間地域を抱える宮崎県では、
全国を上回るスピードで少子高齢化、人口減少が進み、
住民の生活・福祉の維持や行政コストの効率化などが課題となっています。
同じような課題をもつ全国の都市では、コンパクトシティを創る動きがみられるようになりました。
本シンポジウムでは、宮崎県ならではのコンパクトシティとは何かについて考えます。
第1部の基調講演では、ベストセラーとなっている
「未来の年表」の著者 河合雅司氏にお話を頂きます。
第2部では、宮崎らしいまちづくりのあり方、
宮崎県らしいコンパクトシティとは何かについて探っていきます。

ご案内PDF版はこちらicon_pdf.gif

  

【開催概要】

日 時  

2018年2⽉22⽇(木)13:00 〜16:00

場 所

  宮崎観光ホテル(宮崎市松山1-1-1) TEL 0985-27-1212  

プログラム

 第⼀部 基調講演 未来の年表 人口減少宮崎でこれから起きること

     講師 :  河合 雅司  氏(産経新聞社 論説委員)

 
講師プロフィール
 産経新聞社論説委員、大正大学客員教授。1963年、名古屋市生まれ。専門は人口政策、社会保障政策。中央大学卒業。現在、内閣官房有識者会議委員、内閣府「少子化克服戦略会議」委員、厚労省検討会委員、農水省第三者委員会委員、日本医師会「赤ひげ大賞」選考委員も務める。拓殖大学客員教授などを歴任。2014年に「ファイザー医学記事賞」大賞を受賞。
 
 著書『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(講談社現代新書)は39万部を突破(2018年1月現在)するベストセラーとなる。その他の主な著書に、『日本の少子化 百年の迷走』(新潮社新潮選書)、『地方消滅と東京老化』(増田寛也元総務相との共著、ビジネス社)、『中国人国家ニッポンの誕生』(共著、ビジネス社)、『医療百論』(共著、東京法規出版)、『AIで「未来の年表」はこう変わる』(共著、文藝春秋)などがある。
 


 

第⼆部  トークセッション

   スピーカー     :大鐘 良一  氏  (NHK報道局チーフプロデューサー)

  コーディネーター :杉山 智行 氏(みやぎん経済研究所 主任研究員)

参加費  

   入場無料 

定 員

  100名(定員になり次第締め切り)

共 催  

    宮崎銀行 みやぎん経済研究所 九州経済調査協会

後 援  

    宮崎県 宮崎経済同友会 宮崎県商工会議所連合会

備 考

    駐車場に限りがございます。
    受講票等は発行いたしませんので、当日直接会場へお越しください。

お問い合わせ

  公益財団法人 九州経済調査協会 BIZCOLI (担当:瀬口・蒲池)
  TEL:092-721-4909 FAX:092-721-4908

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

九州大学地域政策デザイナー養成講座

BIZCOLI

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ