1/17、九経調創立70周年記念事業 第5回九経調未来セミナー -九州地域の30年後を考える-

九経調では、創立70周年を記念し、「九州地域の30年後を考える」をテーマとした「九経調未来セミナー」を開催致しております。
九州の将来を見据え、九州が抱える中長期的課題および将来展望を、皆様とともに考えていくことで、 九州の発展に貢献していきたいと考えています。
第5回は、駒澤大学経済学部講師の井上智洋氏をお招きし、「第二の大分岐」というテーマで、ご講演いただきます。

ご案内PDF版はこちらicon_pdf.gif

開催概要

演 題

  「第二の大分岐 -汎用人工知能は雇用を奪うか?経済成長をもたらすか?人々は遊んで暮らせるか?-」

日 時

  2017年1月17日(火) 16:00~17:30

講 師
 

井上 智洋 氏
(駒澤大学経済学部講師、AI社会論研究会主宰)

慶應義塾大学環境情報学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。早稲田大学政治経済学部助教を経て、2015年4月より現職。経済学から見た人工知能研究の第一人者であり、7月には文藝春秋より『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』を刊行。発売後、「シンギュラリティを経済学から捉えた希少な一冊」として各方面で話題となっている(下記紹介文参照)。他に金融政策に関する著書『ヘリコプターマネー』(日本経済新聞出版社)がある。

 

  著書  人工知能と経済の未来 人工知能ジャンルで激熱の1冊

「この本すごいです。マジでこの人の言説が今一番スゴイ。未来を論じるための知識・アプローチ・言説の明快さ、すべてに完全に負けたーって思いました。これは絶対読んだ方がいいです」 ――孫泰蔵氏(Mistletoe 株式会社代表取締役社長)

「人工知能によって経済は、社会は、政治はどこに向かうのか?未来を知るための必読書」 ――飯田泰之氏(明治大学政治経済学部准教授、(株)シノドスマネジング・ディレクター)

 

場 所

  ホテルニューオータニ博多 3F (福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目1-2)

参加費

  賛助会員・BIZCOLI会員:無料/非会員:1,000円

主 催

  公益財団法人九州経済調査協会

お問い合わせ

  公益財団法人 九州経済調査協会 調査研究部 (担当:中島・片山)
  TEL:092-721-4905 FAX:092-721-4904

備 考

  駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮下さい。
  受講票等は発行いたしませんので、直接会場にお越し下さい。

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

70年のあゆみ

九州大学地域政策デザイナー養成講座

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ