「ドラマティック!九州経済 in 宮崎」を開催

20110215.jpg

 財団法人九州経済調査協会では、創立60周年を記念して「ドラマティック!九州経済in宮崎」を開催いたします。当会に蓄積された情報やネットワークなどを、宮崎経済のさらなる発展につなげることを目的にしております。当日は当会研究員による説明会だけでなく、日本経済新聞に連載中のコラム「食あれば楽あり」の執筆者である東京農業大学小泉武夫名誉教授による講演会も開催致します。皆様のご参加をお待ちしております。

20110215_1.jpg

 アクセスマップ

 ドラマティック!九州経済in宮崎 ご案内PDF版icon_pdf.gif

開催概要

日   時

  2011年3月28日(月) 13:15〜18:00 

会   場

   宮崎観光ホテル 東館 2階 (宮崎県宮崎市松山1-1-1)

参加費

  無料

プログラム
時間・場所 内       容
20101227.jpg
セミナー
13:15〜14:30
「初雁」
(定員40名)

「九州新幹線全線開業で宮崎はどう変わるか」
説明者:当会 調査研究部 研究主査 大谷友男

 3月12日に全線開業する九州新幹線。九州を南北に貫く大動脈が宮崎、そして九州にどのような影響をもたらすのか、また、開業効果をどう生かしていくべきかについて説明いたします。

20101227_1.jpg
白書説明会

14:45〜16:00
「日向」
(定員100名)

2011年版 九州経済白書説明会「訪日外国人観光の新段階」
説明者:当会 情報研究部 部長 八尋和郎

今後増加が期待できるアジアからの訪日外国人に対して、九州での受け入れ準備はできているのか、また外国人の増加に、観光業や観光地はいかに対応しようとしているのか、その実態を明らかにします。

20110215_2.jpg
講演会




16:30〜18:00
「日向」
(定員100名)

「宮崎元気の処方箋:食と農の高付加価値化」
講師:東京農業大学 名誉教授 小泉 武夫 氏

 TPPやEPAの加盟に迫られている日本農業は今、正念場を迎え、宮崎県の農畜水産業も例外ではなく難しい対応を迫られています。講演では、この危機をいかに切り抜けて、地域に根ざした活性化策を構築するには、どのような取り組みが必要なのかを解説します。

 【講師プロフィール】
農学博士 専攻は醸造学・発酵学・食文化論 昭和18年福島県の酒造家に生まれる。現在、東京農業大学名誉教授、鹿児島大学客員教授、琉球大学客員教授、別府大学客員教授、広島大学大学院医学学科客員教授。
主な著書に『食あれば楽あり』、『食の堕落と日本人』、『食で日本を建て直せ』など、単著で118冊を数える。

20110215_3.jpg

小泉氏

 

※定員を超過した場合のみ、お断りのご連絡をさせて頂きます。
※講演会のタイトル・内容は一部変更になる可能性がございます。
※セミナー・白書説明会・講演会は、"1コマ"からお申し込み頂けます。

後援


宮崎県/宮崎市/宮崎経済同友会/宮崎県経営者協会/宮崎県商工会議所連合会/宮崎県商工会連合会/宮崎商工会議所/宮崎大学/(株)宮崎日日新聞社/MRT宮崎放送/UMKテレビ宮崎
主催
(株)宮崎銀行/(財)みやぎん経済研究所/(財)九州経済調査協会

お問い合わせ

    財団法人 九州経済調査協会 総務企画部 古賀・岡本

    福岡市中央区大名1-9-48
   TEL:092-721-4900 FAX:092-721-4908

蔵書検索

キーワード検索では、書名、内容、特集記事、著者、出版社、関連ワード、などのキーワードをお書きください。

70周年記念事業

70年のあゆみ

九州大学地域政策デザイナー養成講座

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号電気ビル共創館5F
TEL : 092-721-4900

アクセスマップ